Top
カテゴリ:★バンコク周辺( 7 )
Top▲ |
カオヤイへ夫婦2人最後の旅行
先日の3連休のうち一泊二日でカオヤイへ〜!思い立って1週間くらい前にホテルを予約。もう私もかなりの腹ぼて30週なので、これが最後の夫婦2人っきりの旅行になりそう。

最近一眼レフのレンズの調子が悪くて、望遠のほう持って行っちゃったもんだから使い勝手が悪くほとんど写真はなしー。私は2回目、オットは初めてのカオヤイ。タイの軽井沢だけあって、ちょっと気温も涼しくすっかり緑に癒されましたー。望遠レンズでとった意味不明のズーム写真。いやはや、でもバンコクではなかなか味わえない瑞々しい緑と奇麗な空気が気持ちよかった。
a0194081_1885428.jpg

まずはお決まりチョクチャイファームででっかいステーキ食べて、Palioでアイスクリーム食べて、お泊まりのKirimayaへ。森の中をお散歩したり、とにかくベランダのソファーでまたーりまたーりしたり読書したり。帰りはPB Valley のワイナリーで舌鼓。そんな優雅なカオヤイ滞在。
a0194081_1811736.jpg

オットとはつきあい始めてから、、、何年だ?6年くらい。ヨーロッパと日本の遠距離恋愛中も、結婚してからも、ヨーロッパ、アジア、アフリカとけっこう2人で色々な国に行った。2人とも旅行好きだからな。あと2ヶ月もすれば家族が一人増える訳で。こんな2人っきりの旅行なんて当分長い間ないんだろうな。そう考えるとちょっと寂しい。でもそれ以上の幸せがきっと待っているんだ!だーいぶお腹も出てきました。でも臨月のお友達達に比べると、まだまだひよっこサイズ!マタニティー服を買っていないので、そろそろワードローブに限界が見えてきた、、、。のこりおチビと繋がっている貴重な時間を楽しもう。
a0194081_1824477.jpg

[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2013-05-14 18:25 | ★バンコク周辺
Hua Hin Hills Vineyard
チャームからの帰りは、ずっと行ってみたかったホアヒンの山奥にあるワイナリーでお昼!
結構遠かったなー、こんなところにワイナリーなんてあるの?なんていう景色が続くんだけど、あるんだよねー、しゃれおつな建物が。世界最低緯度のワイン!おいしかったー。
a0194081_125913.jpg

ワイナリーとは言っても、正確にはここでワインを作っているわけではないのでぶどう畑。山の上の丘にあるので清々しい風が吹きとーっても気持ちいいレストラン!お食事もすごく美味しかった♡ホテルでの惨敗食事の後だったので、なおさらまいうーだよ。こういうテイスティングセットがあって、それぞれ合うタパスとワインを持ってきてくれる。
a0194081_1281574.jpg

さいこーーやん♡♡♡めちゃ合うーーーーー♡と至福のときを過ごすオットくん。頼んだサーモングリルには小さいフォアグラもついていて、本人テンションあがりまくり。肝心のワインのお味は、辛口さっぱりでおいしかった!いただいたのは、暑いタイには丁度いい冷やして飲むのに向いているワインでした。ぶどうジュースも濃厚でまいうーです。
タイはすごいなー、こんな山奥におしゃれな建物と素敵な景色とおいしいワイン&お料理。タイですかホントにここは?
a0194081_1210363.jpg

はい、タイでした。象乗りももれなく体験できちゃう。素敵な景色とおいしいワインとお料理に癒された、最高レストラーンでした。
a0194081_12124753.jpg

週末充実しまくり充電しまくりだったー。オットくんに感謝です。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2013-02-04 12:14 | ★バンコク周辺
社員旅行 in Khaoyai
ウイルス性食あたりで微熱がでておりまする。胃も痛い。病院行って薬も飲んだから大丈夫だと思うけど、ひまなのでほわーーんとブログ書こう。

このあいだの週末、社員旅行で二泊三日のカオヤイ旅行に行ってきたよ。オーナーの娘さん2人入れた総勢18名、私以外みんなタイ人(汗)英語を喋られる人もごくわずか、タイ人だらけのタイ語だらけの3日間にどきどきだたけど、結果は、、、ほっこりにんまり、すごく楽しかったーーーー!

どうせ、安めの宿に泊まって朝から晩までイベントずくしで、疲れるんだろうなー、なんてなめてたんだけど、目的地はなんとMuthi Maya Resourt。超おしゃれなプールヴィラで、行きのバスから帰りのバスまで、みんなで楽しくまったりまたーーーり過ごしましょうという贅沢旅行だった。デザインも一緒に勉強できるしね。
a0194081_16303522.jpg

タイらしく、行きにバスが壊れて立ち往生とかしたけど(笑)
a0194081_16323189.jpg

ここはタイの法則にのっとって、ゆっくりマイペンライに時間を過ごせば良いじゃない。

私にとっては初めてこんなに長い時間を一緒に過ごしたみんな。
それぞれ個性があって、それをお互いがちゃんと尊重していて、特にしきる人がいるわけじゃないんだけど、みんな何となくストレスフリーにまとまっているという人たちだった。
歳もだいたい一緒だったので、一生懸命私のタイ語を理解してくれようとしたり、お酒を囲んで下ねたトークでもりあがったり(笑)言葉の壁、文化の違いはあるけれど、人間性は通じるもの。私はほっこり、まったり、心が充電された旅だったよ。

オーナーの娘達は8歳と10歳。これがほんとにかわいくてねー。これまた私の癒しポイントだったかも。変にすれていなくて、子供らしく目がキラキラしていた2人。ちょっとぶれちゃってるけど、この写真好きなので。子供がほしくなった!
a0194081_16503010.jpg
a0194081_1650397.jpg


タイに来てから色々な偶然がかさなり、こうやってみんなに出会えて本当によかったな。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-03-06 16:53 | ★バンコク周辺
アユタヤ - お義父さんとの旅②
今日からオットがまた出張でございます。えー、なんか最近多くないかい?たまに離れると、ありがたみを再確認できるので、意外と良いものであります。

さて、お義父さんと初めて行ったアユタヤ。いやー、タイは奥深いっすねー。なんていう浅いコメント。ウェンディーツアーの帰りがクルーズのやつ、テンポよく主要スポットをまわり、帰りはまたーーーりエアコンの効いている船でクルーズランチ。おすすめです。とりあえず、撮りまくった写真をのせようっていう日記ブログ。

バーンパイン宮殿
王室の避暑地として建てられた宮殿。和洋折衷ならず、タイ洋折衷の建物が広々と奇麗に整備された庭園の中に点在。不思議な組み合わせ。今でもたまに王室の人たちが利用するらしい。
a0194081_19472541.jpg


ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
いんやー、暑かったわー。ビルマ軍との戦いの勝利記念として1593年に建てられた仏塔。
a0194081_19512280.jpg

a0194081_19521767.jpg



ワット・プラ・マハタート
私の中で、アユタヤのハイライト。この木の根っこに取り込まれてしまった仏頭。アンティークとして売るために、頭ばっかりもぎ取られた仏像達は不思議な雰囲気を持っていた。ここは去年の洪水の時2メートルも浸水したって。壁や木にまだ後がくっきり残ってた、、、。
a0194081_20061.jpg

a0194081_2001984.jpg


ワット・プラ・シー・サンペット
王室の守護寺院。かなり風化が進んでいて、お寺というよりは遺跡のようだった。お寺の写真よりも、その前に止まってた三丁目の夕日に出てきそうな車。アユタヤではご健在のよう。
a0194081_205429.jpg

ここはお土産やの客引きもけっこうきつい。洪水の期間商売できなかったから必死なのか、、、。ツアーに入っていた象乗りも。象使い写真を撮ってもらうと象が鼻でチップをねだってくる。20バーツだともっと高いお札ちょうだい、と返されるこ憎たらしいお象様。かわいそうだよな、本当は。
a0194081_209452.jpg


また何回かは行くことになりそうなアユタヤ。もうちょっと勉強して深い感想を持てるようにしとこ。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-02-29 20:12 | ★バンコク周辺
たくましい水上生活 - お義父さんとの旅①
3泊4日、お義父さんのバンコク旅行が終わりました。
オットがタイミング悪過ぎで全日程出張のため不在。嫁、いっちょがんばるか、の気合い満点。
終わってみたら、なーんの心配もなく、楽しく4日を過ごしたよ。毎食ビール飲みーの、うちの息子、ぶっちゃけどう?(笑)なんて熱いトークもありーの。私自身行った事ない場所に一緒に行けたので、それも楽しかった。あ、ボーイズストリートも一緒に散歩したし071.gif、ローカルバンコクを一緒に楽しめるファンキーなお義父さんでよかったよ。
何よりも、私は実の父を子供の頃亡くしているので、あー、お父さんってこんな感じか、っていう感覚が嬉しかったかなー。義理の父ではあるけど、愛するオットのお父さんって自分にとってもとても大切な存在だなって、初めて身をもって実感した。←初めてかよっ、の自分でつっこみ。こういう風に思える家に嫁入り(って実感もあまりなかったけど)できて、とっても幸運だと思う。

さてさて、2日目の朝は早朝バンコクを出発してダムヌン・サドゥアック水上マーケットへ。ここはお初。オットの最強ドライバーさんの交渉により、空いていてサービスの良い水上ボートを1時間チャーターしての水上マーケットめぐり。
a0194081_21265580.jpg

ここはあくまで観光客用マーケットなんだけど、マジで水上にて生活している人たちの生活もかいま見れる。すげー。ここに住んでいる人は蚊に刺されないのだろうか。家を建てるとき、土地代ってあるのだろうか。
a0194081_21283127.jpg

a0194081_2129183.jpg

そして、3日目に行ったアユタヤツアーの帰り道はチャオプラヤ川のクルーズ。これも正解だった!ウェンディーツアーという会社のツアーなんだけど、某大手旅行会社のツアーみたくお土産屋に寄ることもないし、料金もサービスもGood。
帰りのクルーズ船から見えた水上生活の様子。まるで水上スラム。
a0194081_21314973.jpg

バンコクの都会のど真ん中で、何も不自由なく暮らしている私たち。こういう生活をしている人が、すぐ近くに沢山いたなんて、恥ずかしながら初めて気がついたわけ。
a0194081_21315686.jpg

今回のお義父さんとの旅、普段はあまり行かないローカルな地域が多かったから、この水上生活もしかり、新しい発見が多かった。
けっこう自分のなかの「バンコク」の定義が変わったかも。
私の知っている住みやすいバンコクはほーーーーんの一部だったんだ。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-02-24 21:36 | ★バンコク周辺
至福の大失態 - お外編
中学校からのお友達、おゲイのSくんが遊びにきています。
コペンにも来てくれた彼、世界一周バックパック後に再びタイへー。一緒に毎日楽しい♥

ホアヒン旅行の続きー。
Hide awayって宣伝で言っているように、椰子の木が生い茂るお庭。その中に蓮の花が咲き乱れる池と朝食のレストラン。まるで南国の桃源郷。
a0194081_1411135.jpg

a0194081_14221368.jpg

a0194081_14224553.jpg

a0194081_14291573.jpg

a0194081_14332827.jpg

朝食は、ここでタイのラナートと呼ばれる木琴のような楽器と太鼓との伝統音楽を聴きながら。オーガニック野菜にこだわっていて、自分達の畑でとれたお野菜のサラダが美味しかったー。
メニューからも全部オーダーできる♥幸せな朝。

1日目の夜はビーチ沿いのイタリアンで釜焼きピザなどなど、2日目の夜はEvasonの中にあるレストランでBBQビュッフェ。本当にお料理がどこで食べてもおいしいのー。インド人シェフが作るインド料理が朝も夜もあって、大ヒット。はーーーーーー、幸せだった。
a0194081_14351821.jpg


というわけで、幸せな時間はあっという間に過ぎ、今まで以上に脳みそが溶けてしまった2人でした。ま、たまにはいいよね、こんな贅沢も、もうすぐ入籍1年だし071.gifてへ。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-01-14 14:39 | ★バンコク周辺
至福の大失態 - お部屋編
わたくし、2011年末に大失態をおかしまして。
ネット予約でちゃんと合計金額を確認せず、予定の2倍料金のお部屋を予約してしまいましたの。
しかも、取り返しがきかない予約だったので、変更もキャンセルもできず、もう切り替えて楽しむしかないよねーあはははははー(わたし大汗、オット血管切れそう)ということになった、ホアヒン旅行。
バンコクから車で2時間半のリゾート、Six Senses Resorts & Spas Hua Hin。
そりゃあんた、良かったも良かったわよー、だってお高いもの(汗)

蓮の花が咲くプライベートヴィラの入り口を開くと、
a0194081_2381176.jpg

広がるプライベート空間。開放感満点のCozyなベッドルーム、プライベートプール。ぎゃーーーーーすてきーーーーー!ぶっちゃけギリシャのハネムーンのお部屋より素敵。どこに居たらいいかわからないから、とりあえず寝転んでくつろいでみるオットと、興奮してせわしなく部屋中歩き回る私。
a0194081_23182666.jpg

a0194081_23122862.jpg

a0194081_2314640.jpg

a0194081_23244989.jpg

ウェルカムフルーツ。
a0194081_2333361.jpg

またインテリアが素敵すぎる。パイン材?の家具。海っぽーーーい♥ 取っ手がメタルの星形。かわゆすー。なんと、エスプレッソマシーンまでついている。それらの家電製品はカバーがかけられているので、決してお部屋の雰囲気は崩れない。すげーすげー。
a0194081_2316668.jpg

エコにこだわっているようで、水もかわいいビンに入っている。

これはもう、ひたすら二泊三日まったーーーーーりまたーーーーーりだけして過ごそうと、お部屋に入った瞬間に決めました。はぁー、戻りたい!

せっかくの大失態なので、大自慢、写真大公開シリーズ日記、その一。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-01-11 23:26 | ★バンコク周辺
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin