Top
<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
アユタヤ - お義父さんとの旅②
今日からオットがまた出張でございます。えー、なんか最近多くないかい?たまに離れると、ありがたみを再確認できるので、意外と良いものであります。

さて、お義父さんと初めて行ったアユタヤ。いやー、タイは奥深いっすねー。なんていう浅いコメント。ウェンディーツアーの帰りがクルーズのやつ、テンポよく主要スポットをまわり、帰りはまたーーーりエアコンの効いている船でクルーズランチ。おすすめです。とりあえず、撮りまくった写真をのせようっていう日記ブログ。

バーンパイン宮殿
王室の避暑地として建てられた宮殿。和洋折衷ならず、タイ洋折衷の建物が広々と奇麗に整備された庭園の中に点在。不思議な組み合わせ。今でもたまに王室の人たちが利用するらしい。
a0194081_19472541.jpg


ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
いんやー、暑かったわー。ビルマ軍との戦いの勝利記念として1593年に建てられた仏塔。
a0194081_19512280.jpg

a0194081_19521767.jpg



ワット・プラ・マハタート
私の中で、アユタヤのハイライト。この木の根っこに取り込まれてしまった仏頭。アンティークとして売るために、頭ばっかりもぎ取られた仏像達は不思議な雰囲気を持っていた。ここは去年の洪水の時2メートルも浸水したって。壁や木にまだ後がくっきり残ってた、、、。
a0194081_20061.jpg

a0194081_2001984.jpg


ワット・プラ・シー・サンペット
王室の守護寺院。かなり風化が進んでいて、お寺というよりは遺跡のようだった。お寺の写真よりも、その前に止まってた三丁目の夕日に出てきそうな車。アユタヤではご健在のよう。
a0194081_205429.jpg

ここはお土産やの客引きもけっこうきつい。洪水の期間商売できなかったから必死なのか、、、。ツアーに入っていた象乗りも。象使い写真を撮ってもらうと象が鼻でチップをねだってくる。20バーツだともっと高いお札ちょうだい、と返されるこ憎たらしいお象様。かわいそうだよな、本当は。
a0194081_209452.jpg


また何回かは行くことになりそうなアユタヤ。もうちょっと勉強して深い感想を持てるようにしとこ。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-02-29 20:12 | ★バンコク周辺
"駐妻"と呼ばれるようになってから考えていること
常に自己満のだらだら日記ブログ。今日はもうちょっと掘り下げて、ここ最近思っていたことを書いてみようと思った。そのきっかけは、この本を読んだから。

サフィア・ミニー 著 「おしゃれなエコが世界を救う」日経BP社
a0194081_14502752.jpg

最近フェアトレードに興味があったので、アマゾンで注文してお義父さんに持ってきてもらったこの本。1時間くらいで一気に読み終えてしまった。というのも、共感するところが凄く多かったから。

イギリス人の彼女は夫の駐在に帯同してバブル絶頂期の東京に引っ越す。そこでの白人"駐妻"の生活に馴染めず、消費ばかりの社会に嫌気がさす。そして一心発起、自分のコネクションでフェアトレードのお店をオープン。紆余曲折を経ながらフェアトレードの普及に力を注ぎ、今ではビジネスとしても成功を収め、「世界で最も傑出した社会起業家」にノミネートされる存在になる。

という女性のお話。最初にオットの駐在の話がかたまり、私が"駐妻"になることを2人で決めた時、正直胸にあったのは、
ただの楽した"駐妻"っていう目で見られたくないな
っていう気持ち。 なんでそう思ったのか?それは私自身の中に"駐妻"に対する偏見があったから。
女性同士の複雑なおつきあいがあり、夫のお金でおいしいランチ、習い事、家事や育児はメイドにまかせ、そして時には自慢大会、愚痴大会、ちょっとしたハイソセレブ気取り、の専業主婦。
という大変失礼かつとてーーーもネガティブな偏見。

実際"駐妻"と呼ばれる立場になってどうだったのか?
一言に"駐妻"と言っても実は千差万別だった。キャリアも意欲もあるのに制度上仕事ができなかったり、タイでの自分の立ち位置や社会とのつながり方を模索し続けている人も大勢いた。どの姿が正しいとか正しくないとかいう議論じゃなくてね。
そういう意味で私自身の価値観に合う"駐妻"のお友達もできた。
もちろん、私が偏見に思っていたような駐妻社会も存在するらしい。やむ終えないおつきあいもたくさんあるらしい。幸い、私はどのような人とお付き合いするのか自由に選択できる立場にいるので、気の合う人とはお友達になり、気の合わなそうな人とは会わなければいい。
ただそれだけのことだった。

駐在者の奥さん、と言う立場はぶっちゃけ恵まれている。疑いようの無い事実。お金の面でも社会保障の面でもね。これに対しては本当に感謝しなければならない、私自信も大分楽しませていただいている。そして愚痴も言うしハイソなレストランでのお食事も楽しい。自分の中にも十分偏見視される"駐妻"の要素がある。
ただ、それだけではつまらない!この恵まれた環境を自分の成長につなげたい!せっかくの海外生活、タイ人とも外国人ともたくさん知り合いたい!タイで自分に出来ることって何?将来この点が線としてつながるには今なにをすればいい?
そういう気持ちを、この本の著者、サフィア・ミニーが代弁してくれて、しかもそれを実行にうつしているような気がしてならなかった。

もちろん、彼女の行動力、頭の良さ、社会的行動の卓越した部分には自分なんて足下にも及ばない。フェアトレードという活動も勉強したてで、実際に良いのか悪いのか判断できる材料を持ち合わせていない。でも、彼女の生き方にはすごく共感したし、参考にしたいと思った。

"駐妻"と呼ばれるのに違和感を感じる方は、この本ぜひ一度読んでみてください。

これもバンコクの現実。なんとなく、ブログに載せるなら今かなと思って。
a0194081_15523741.jpg

[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-02-25 15:53 | 考え事
たくましい水上生活 - お義父さんとの旅①
3泊4日、お義父さんのバンコク旅行が終わりました。
オットがタイミング悪過ぎで全日程出張のため不在。嫁、いっちょがんばるか、の気合い満点。
終わってみたら、なーんの心配もなく、楽しく4日を過ごしたよ。毎食ビール飲みーの、うちの息子、ぶっちゃけどう?(笑)なんて熱いトークもありーの。私自身行った事ない場所に一緒に行けたので、それも楽しかった。あ、ボーイズストリートも一緒に散歩したし071.gif、ローカルバンコクを一緒に楽しめるファンキーなお義父さんでよかったよ。
何よりも、私は実の父を子供の頃亡くしているので、あー、お父さんってこんな感じか、っていう感覚が嬉しかったかなー。義理の父ではあるけど、愛するオットのお父さんって自分にとってもとても大切な存在だなって、初めて身をもって実感した。←初めてかよっ、の自分でつっこみ。こういう風に思える家に嫁入り(って実感もあまりなかったけど)できて、とっても幸運だと思う。

さてさて、2日目の朝は早朝バンコクを出発してダムヌン・サドゥアック水上マーケットへ。ここはお初。オットの最強ドライバーさんの交渉により、空いていてサービスの良い水上ボートを1時間チャーターしての水上マーケットめぐり。
a0194081_21265580.jpg

ここはあくまで観光客用マーケットなんだけど、マジで水上にて生活している人たちの生活もかいま見れる。すげー。ここに住んでいる人は蚊に刺されないのだろうか。家を建てるとき、土地代ってあるのだろうか。
a0194081_21283127.jpg

a0194081_2129183.jpg

そして、3日目に行ったアユタヤツアーの帰り道はチャオプラヤ川のクルーズ。これも正解だった!ウェンディーツアーという会社のツアーなんだけど、某大手旅行会社のツアーみたくお土産屋に寄ることもないし、料金もサービスもGood。
帰りのクルーズ船から見えた水上生活の様子。まるで水上スラム。
a0194081_21314973.jpg

バンコクの都会のど真ん中で、何も不自由なく暮らしている私たち。こういう生活をしている人が、すぐ近くに沢山いたなんて、恥ずかしながら初めて気がついたわけ。
a0194081_21315686.jpg

今回のお義父さんとの旅、普段はあまり行かないローカルな地域が多かったから、この水上生活もしかり、新しい発見が多かった。
けっこう自分のなかの「バンコク」の定義が変わったかも。
私の知っている住みやすいバンコクはほーーーーんの一部だったんだ。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-02-24 21:36 | ★バンコク周辺
バンコクで一番好きな場所はけーーーーん!!
今日からオットは1週間の出張。暇だなー、というわけで、今夜はクラスメートのオーストラリア人とチュトチャックマーケット集合でDrinking night☆
彼女とは今日初めてプライベートで遊んだんだけど、とーーーーっても気が合って楽しかった♡
他のオーストラリア人4人、タイ人1人とフィーバー。
チュトチャックってお買い物だけじゃなくて、飲みに行くのもたのしいのねー。
昼間はこーんなストリートミュージシャンも登場。すっごいかっこいい音楽だった。
a0194081_1405831.jpg

そして、夜はこちらでモヒート祭り♡最高!
a0194081_14222.jpg

この後、私たちはTrain Marketへ移動。それがねー、ここがねーーー。マジで萌えスポットだったのーーー。
a0194081_1425287.jpg

a0194081_143416.jpg

超好みのアンティーク祭り。しかも安い!!!はー。今日の戦利品はこちら。かなりいい感じだわ。
a0194081_1491278.jpg

アンティークグッズだけじゃなくて、バーも良い感じだし、屋台もたくさん。これ以上望む物はないわ!!という場所でした。また絶対行く!
若干酔っぱらいのハイテンション日記でした071.gif
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-02-20 01:52 | 夜遊び
おーーはーーなーーーー*
お友達のお家で、はじめて生花でのフラワーアレンジメントレッスン。
今回はタイで一番メジャーな蘭を使ってブーケ、の巻。
お花一輪一輪は美しいし、色も一つ一つ個性があって好きだけど、いざ組み合わせるとなると一苦労。この葉っぱはどちらへ、、、こーでもないあーでもない。
色セレクションから最後の仕上げまで、三人三様。雰囲気が全く違うブーケが完成!個性が出るねー。やっぱフラワーアレンジメントって、一見簡単そうに見えて本当にセンスと技術が問われるわ。それだけに難しいし楽しい。

帰宅後、大きな花瓶がなくてむりやり小さめの花瓶に入れたので、広がりがなくしゅっとした感じになっちゃってる、、。このオレンジレッドの蘭が好き♡
a0194081_19141819.jpg

そんでもって、アングルを変えて撮影してみると、、、。おおっつ、逆光のお花ってなんか透明感がでてきれい!というわけで、一人大撮影隊会。オットはソファーで昼寝の夕暮れ時。
a0194081_19162927.jpg

a0194081_19172997.jpg

a0194081_19175927.jpg

a0194081_19181527.jpg

作って楽しい、飾って楽しい、撮って楽しい、3度も楽しめるフラワーアレンジメント。こりゃいいねー。おまけに女子度も一緒にUP。

脳みその新しい部分が刺激されたみたいで、楽しかったわー。新しいことに挑戦してみるって大事。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-02-18 19:21 | インテリア
なまけ病、発病
本日連続日記。
やっぱり学校がないと、午前中だらけるわー。やっと重い腰をあげてお昼から活動開始。
家に引きこもっていると、どんどん元気メーターが落ちて行ってやる気ゼロ状態になり、なにもかもが面倒くさくなって夕方を迎える。という深刻な、なまけ病、が持病でして。
わかっているから、とにかく外に出る、というのが特効薬。
一度外に出ると色々おもしろくなってきて、興味もやる気もわいてくる単純なわたくし。こういう面でも専業主婦は向いていないのかも。

大学に行った帰り、ふらりと入ってみたカフェ、Turin。おいしいイタリアンで有名なZanottiの系列カフェですぐ隣にあるのよ。
中に入るとクラシック音楽が流れ、石のテーブルに天井まで木の作り。まるでヨーロッパの街角のカフェに入り込んだ雰囲気!素敵!お値段もヨーロッパ的にちょいとお高めでしたが。
a0194081_1961036.jpg

a0194081_1935122.jpg

でもやっぱり、窓の外を見るとここはタイだということは隠せない。マニュアルフォーカスの練習。
a0194081_1931625.jpg


ちなみに、このトゥクトゥクが止まっているのはOL市場の目の前。今日のランチはそちらでバーミー40バーツ。うまい!そして、Turinのカフェラテ90バーツ。バーミー2杯食べれるがな!!
a0194081_1962050.jpg

[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-02-16 19:07 | 食べ物
TH1しゅーりょー!
怯えていたタイ語のテスト。昨日合格!のメールがきたので大学までスコア表を取りに行ってきた。
テストの内容は、トーンを聞き分けたり会話を聞いて答えを書くヒアリングと、文法や単語力をはかるライティングと、先生とのインタビューのスピーキング。
やはりケアレスミスーも子供の頃からお決まりのパターンであったけど、怯えてた割には上出来!結果が出るとやる気がぐんと増すね。
29日からはTH2が始まって、次は蛇がにょろにょろしているようなタイ語の文字も勉強する。街の看板やタイ語のメニューが読めるようになれば、大分快適になる!がんばろーっと。

せっかくなので、カメラを持って行って一番美しい大学の建物を撮影大会。
a0194081_18435475.jpg

チュラロコーン大学はタイで一番最初にできた大学で、ラマ5世の時代に開校。この建物は、さらに大学で一番最初にできた建物なので、タイでいっちばん古い高等教育の場。伝統ある大学って素敵だね。
ちょっと大学生にもどりたくなったわー。って、私の脳みそじゃどちらにしてもこの大学入学できなかったけど。
a0194081_18453228.jpg

a0194081_18475843.jpg

[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-02-16 18:48 | 勉強
私の日常
いつも大抵タクシーはつかわないので、基本は徒歩、BTS、そしてたまにバイタクの日常生活。
こちらに来てすぐの時は、見るもの全部目新しくてたくさん道ばた写真を撮っていたけど、最近はその光景がわたしの"日常"になっているので、あまり写真を撮っていなかったことに気がついた。

今日から学校が2週間お休みなので、もと会社の先輩のお友達とランチ。久しぶりに家の近所を昼間ぶらぶらしたので、写真でもとろう!と意気込んで怪しげな観光客ぶってたくさん写真を撮ってみた。

写真として切り取ってみるとやっぱりおもしろい!この辺は会社が多いので、お昼時はサラリーマン&ウーマンもたくさん。タイ人はお昼も屋台が多いね。
a0194081_1919474.jpg

この辺りはまだトゥクトゥクも健在。だんだん少なくなってきてるって。とにかく排気ガスがひどいバンコク。ドライバーはマスク必須だね。トゥクトゥクの裏には道ばたで売られている服。これはこの界隈かなりメジャーで、よくOLたちが買っているのをみるわー。
a0194081_1922998.jpg

よくいる野良犬。けっこう目がいっちゃってたり、いかにも病気持ってます!っていうわんこが多い。かまわなければただの通行人。
a0194081_1925393.jpg

そして一番困る&嫌なのがゴミ。この辺は屋台も多いので、ちゃんとゴミボックスに入れていない生ゴミが普通に昼から歩道においてある。夜はGくんやネズミちゃんを見かけることも。なにより臭いしね。そのへんの都市運営、どうにかならないもんでしょうかね。
a0194081_1927528.jpg

屋台の焼き鳥&串焼き豚やさん。いいにおいがじゅーじゅー。餅米と一緒に買って食べるのがオツ。お昼時に現れて、夕方にはいなくなってしまうおっちゃん。
a0194081_19281764.jpg


それにしても、ちゃんとデジイチの使い方勉強しよう。ほとんどオートセッティングだし。マニュアルオートためしても、ピンと合ってないし(汗)
これから2週間は写真撮る機会が増えそう!楽しいなー。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-02-15 19:29 | 考え事
日本式にバレンタイン。
こちらのバレンタインも西洋諸国と同じで、男の人が女の人に愛を告白するバレンタインデー。
赤いバラの花をプレゼントするのが慣習らしく、この日数日前からバラの花の値段が跳ね上がってるらしい。大人になるにつれ、そういう資本主義に踊らされている感満点のイベントがばからしくなる、今日この頃。
そんな私も、心臓とまるくらいどきどきしながら手作りチョコを渡したりしたっけ、、、かれこれ10年以上前。なつかしやー、青春の甘酸っぱいおもひで。

明日は、わちき、バレンタインデーを無視して、学校のクラスメートとテストの後で韓国焼き肉食べに行く予定なので、一人ぽつんとかわいそうなオットにチョコムースをつくってあげました。
やっぱ、、、結婚2年目だし、一応ね、大切にしなきゃなーと。
a0194081_2331324.png

今朝NHKでやってたこのレシピで、かーーんたーーーんチョコムース071.gif
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/02/13/images/recipecard20120213.pdf
激簡単(笑)チョコと生クリームを混ぜただけなので、当然美味しかった。

ちなみに、このロイヤルコペンハーゲンのカップ、コペンハーゲンに住んでいた時にアウトレットでセールになっていたもの。よーくよーくみると、内側に青い塗料がついてる。これでアウトレットなら全然問題ない。と私はおもふ。
a0194081_2340132.jpg

そういえば、タイで有名なベンジャロン焼き。絵付け教室があるらしい。まさに駐妻的習い事だけど、どなたか一緒に行ってくれる方いませんか。食器好きには萌えな習い事なんです。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-02-13 23:41 | 食べ物
チュラ大 タイ語クラス
画質の悪いIphone3写真なので小さめにー。
チュラルコーン大学のIntensive Thaiに通い始めて、6週間がたとうとしている。
もう来週テストーーー(汗)
あー、テスト勉強しなきゃ、という気持ちが久しぶりで新鮮。まー、数ヶ月前のインテリアコーディネーターの時も同じだったか。とにかく、復習が全然進んでないー!いつものように、ぎりぎりの詰め込み。何歳になっても成長しないわー。
a0194081_223226100.jpg
現実逃避で大学ネタブログ。私たちのIntensive Thaiの授業は文学部の校舎で行われている。色々な言語を学ぶ学生でいっぱいの校舎、9割女の子だわ。日本語学科専攻の学生達からインタビューをうけたりして、けっこう意外と学生達との交流はある。
それにしても、日本語学科の学生の日本語はすばらしい!きちんと敬語も使い分け、日本の文化でお礼のお土産なんかもってきたり、すごいなー。

ついこのあいだ、早稲田大学の学生がやってきて、日本の文化を紹介するイベントが開催されていた。ぷらーっと寄ったら早稲田大学の学生に話しかけられたんだけど、彼らもチュラ大の学生の日本語のうまさにびっくりしてたわー。良い刺激でしょうねー。

ランチや午後の予定がない時は、学生に混じって学食でランチ。これもまたオツで楽しい!価格相場はだいたい25バーツから30バーツ。おかずとごはんでお腹いっぱいになれるー。そして結構バラエティーにも富んでるの。習いたてのタイ語で色々な種類の麺を注文してみたり、おかずを注文してみたり。

一番のお気に入りはなんと20バーツのコーヒー。引き立ての豆でエスプレッソ、そしてそこにコンデンスミルクを少々とミルクをいれてCaffe Roon (Hot Coffe)。毎朝シャキッとするためにこれは欠かせない。あれ、最近太ったのって、まさかこのコンデンスミルク入りコーヒー!?げげげ。
a0194081_22372390.jpg a0194081_22335127.jpg
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-02-09 22:43 | 勉強
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin