Top
<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
好き/大切なもの。
気まぐれ日記。
お金の価値は低いかもしれないけど、私にとっては大切極まりない物たち。これ無くされたり燃えたりしたら、ショックすぎて立ち直れないだろう。

好きな物、その1- 雑誌。
a0194081_20543551.jpg

昔から雑誌が好き。ファッション誌もまー好きだけど、すぐ捨てちゃう。
とっておくのはインテリア雑誌やサーフ雑誌やライフスタイル雑誌や旅行雑誌。断捨離出来ないタイプ。
特に、コペンハーゲン時代によく買ってたBoliv Livとか大好きだし、タイではこのmyhomeが一番好きかな。最近ちょっとずつタイ語が読めるようになってきたからさらに楽しい。

好きな物、その2 - 海外の本、絵本、古本。
a0194081_20584885.jpg

これまたたまるばかり。海外旅行に行くと必ず買うことにしている現地の言葉で書かれた絵本。いつか子供ができたら、いっしょに眺めるんだ、読めないけど。
持って帰るの重いのについ買ってしまうツボな本たち。コペンで買った本も多い。
特に、古本屋で買ったこのLIFEの写真集は飾っておくだけで違うメッセージ性があって好き。
あ、その前においてあるお友達からのお土産や、自分で買ったかわいこチャン達も大切。
a0194081_2132258.jpg


好きな物、その3 - アンティーク/古ぼけたもの
a0194081_2113883.jpg

コペンハーゲンで足しげく通っていたフリーマーケットやセカンドハンドショップ。そこで集めたり、旅行に行った時に買った古ぼけた物たち。アンティークといっても価値は低いけど、その味わい深さが大好き。あ、こないだ食器棚と一緒に映っていた食器くんたちもアンティーク、新品含め大切すぎる。

という、どこに引っ越しても一緒に住んでいる私の宝物たちについて、気まぐれに書いてみた。
そろそろお腹すいたなー。ぐぅーーーーっ。今日はクリームシチュー。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-03-28 21:09 | インテリア
花金。
昨日は花の金曜日♪るんるん♪最近忙しかったから金曜日がうれしい。
月に一回の、フラワーアレンジメント教室に。お友達のお家でまったり習えるのが最高。
今回はお花の種類も花器のアレンジも全く一緒なのに、ぜーーんぜん違う雰囲気のアレンジなっておもしろかった。たぶん見ただけで、だれがどのアレンジをしたのか、性格を知っている人ならわかるはず。
a0194081_12575520.jpg

下のゼリー状の部分に沈めたお花、もっと瑞々しくて透き通って見えたんだけど、タイ製の容器の下から水が漏れているようで(汗)なんか氷漬けみたいになっちゃってる。逆に涼しげで良い!?

あじさいがとっても可愛くて好きだったけど、夜出かけてかえってきたらすでにふんにゃりしてしまっていた(涙)夜、先生に言われたように水に浸しておいたら、朝にはなんとしゃきっともどってたよ。やっぱり雨が大好きなお花なんだね。
a0194081_1311256.jpg

立派なバラも2輪。
a0194081_1393019.jpg


そして夜は本当の花金パーティー。スイス人のクラスメートのコンドの屋上で、プールサイドのBBQパーティー♡ 都会の真ん中だけど、周りは低い建物だったのでそよ風は気持ちいし、お酒が進む進む、、。総勢20人以上来てたかな。出身国も、数えてみたら8ヶ国のインターナショナルパーティー。
オットも参戦、私がタイ人と頑張ってタイ語で話してるのを見てびっくりしてた(イヒヒ)そりゃ、毎日勉強してますからね、ちょっとは話せないとね。
まったくバックグラウンドも年齢層も違う人たちと出会えるのが、このタイ語学校の本当に良いところだったな。宿題と授業はマジでサディストだけど(汗)これからも長くこっちに住んでいくみんなと出会えてよかったー。

フラワーアレンジメントで右脳を刺激、そよ風にあたりながら楽しいお酒、花金さいこー。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-03-24 13:19 | インテリア
ヘビ文字の解読
そろそろヘビ文字=タイ文字の勉強がいっぱいいっぱいになってきたー。
TH1の段階では、アルファベットみたいな発音記号を使って勉強してたからまだ大丈夫だった。
会話文の勉強もたくさんあって、毎日あたらしい言い回しや単語を覚えるのが楽しかったわけ。今思い返してみると、、。

そんでもって2月半ばから始ったTH2では、7割タイ文字のお勉強。
これがやっかいーーーー!!!話すよりよっぽど難しいっ!
まず第一に、文字自体がお初にお目にかかります、というような蛇がにょろにょろ状態。
あとは、一つ覚えたと思ったルールが、次の日には"Special"ルールという新しい情報で覆される、、、。てか、Special Specialって全部スペシャルやんけ!とクラス全員からのつっこみ。
そんでもって、宿題もめちゃ多い。めちゃめちゃ多い。鼻血出る。
学校以外も忙しくなってきている今日この頃、まー家事は後回しだし、でもタイ文字見すぎてオエッてなるから息抜きも必要だし(笑)、そして宿題は終わらないし、結構毎日いっぱいいっぱい。

毎朝あるクイズ。今日から先生が読むタイ語の文を、タイ文字で書くという難題に、、。
前日にその文章はわたしてくれるので、とりあえずのところそれをひたすら覚えていけばいいんだけどね。
a0194081_0291736.jpg


はー、暗記系ってほんっと嫌い。はやく覚えてしまってすらすらと読めるようになりたいよ。
これからまたどんどんSpecialな文章のルールがでてくるわけだけど、、、、とほほ。
自分で選んだクラスなわけだし、誰にやらされてる訳でもないし、がんばるしかないね。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-03-23 00:39 | 勉強
タイの家具事情
TIFF 2012 (Thailand International Furniture Fair 2012) 、日本語ではタイ国際家具見本市に行ってきましたー。
a0194081_2336473.jpg

いやー、ぶっちゃけね、タイのデザイナーはシンガポールより質が高いよ!!それに、日本人の好みに合うようなデザインが多い!確信したね、今回。
シンガポールと同じように、マスプロダクションの普通なニ○リ系の家具屋さんもたくさんあるんだけど、デザインホールでのデザイナー家具は本当にいい。

シンガポールと違うところは、
- 無垢材や自然素材を使って、ぬくもりを大切にしたデザインが多い
- 色が派手すぎない
- シンプルさの中にあるデザインの良さを追求
- マスプロダクションではなくて、ハンドクラフトの要素が強い
- 商売っけがあまりない
というところでしょうか。
ほとんどのデザイナー家具の客層は、いわゆるハイソ層のタイ人たち。彼らの目も肥えているから、デザインへの反応も良い。さらに、お金ももっているから、高い家具でも質やデザインさえ良ければ惜しみなくお金を払う。そういう要素が相まって、タイのデザイン家具産業を盛り上げているんだろうな。政府のデザイナーへの補助も色々あるらしい。
もうひとつ言えるのは、家具が売れなくても、建築バブルのタイではコンドミニアムやレストランのインテリアデザインで十分な収入を得られるから、万人ウケしなくてもこだわった家具を作っていけるんだろうな。

a0194081_23435177.jpg

日本で言うGood Design賞のタイバージョン、Design Excellence のブースも。好みの物がおおいわー。

フェアでのデザイナー家具あたりのお客さんの層について。
商談の日は、オランダ人、オーストラリア人、日本人、インド/中東系、マレーシア/シンガポール人のバイヤーが多い。
- オランダ人とオーストラ人 : 高めでもデザインが良い物に反応。でもタイからの輸送費用を考えるとちょっと現地では元をとれる値段にはならないなーという感じ。
- 日本人 : 薄利多売なマスプロダクション家具を中国の感覚で探しているので、タイのデザイナー家具の値段は論外。ただ技術力の高さは認めるわー、という感じ。
- インド/中東系 : 本当に買うのかよくわからん(笑)結局マスプロダクションの安い家具に流れる。でも一応値段はひととおり聞いてみる。
- マレーシア/シンガポール人 : この層がタイのデザイナー家具市場では一番現実的な海外バイヤー。輸送費もあまりかからないし、各国のハイソ層に売れるポテンシャルが高い。

というかんじかなー。週末の一般販売日ではもう圧倒的にタイのハイソ系。いやーー金持ちだね−ー、本当に。お金の感覚が日本人の中の上あたりの感覚と一緒。いや、日本人のお金持ちと変わらないかもしれない。やはりタイの格差はすごいのです。

改めて、タイデザイン市場の質の高さに脱帽。4月末のBIG-BIHという雑貨フェアも楽しみ☆
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-03-18 23:55 | インテリア
シンガポール お楽しみ編
オーナーと一緒だったのでしっかりちゃっかりお楽しみも☆
世界三大がっかりと悪名たかいマーライオンも、こんなカラフルに!これは全部ライトで照らされているのよ。しかも、コンピューターでだれでも色を選べるぬり絵ブースもあるの。これは面白い、、すごく精巧だし。もうがっかりさせないわよっってかんじだね。
a0194081_21562554.jpg

やっぱりシンガポールは奇麗だねー。前回にシンガポールに行ったときはデンマークからだったから気がつかなかったけど、今回はバンコクからシンガポール入りだったから一目瞭然。清潔、臭いにおいがしない、ゴミがおちていない、人々の身だしなみも清潔、都会的!!!
シンガポールに住んでいるとそんなところがつまらなくなるのかもしれないけど、バンコクに慣れちゃってる身としてはちょっと都会に憧れる田舎者の気分。

中華系とマレー系とインド系の国、シンガポールは、まだ歴史が短いしおしゃれ度もぶっちゃけ低いよね、、と思ってたけど、こんないかしたお店も発見。日本から輸入しているみたい。日本のデザインはいけてるぜ!っていうちょっと勘違いフィーバーな所もある東南アジアだけど、こちらのお店は本当に素敵なものばかりだった。日本の建築家のデザイナーグッズをあえて選んでいるとのこと。
a0194081_22211542.jpg


そして、なんと、Raffls HotelのAfternoon Teaにも行ってきてしまった071.gif前職の出張ではありえないーーーー!
a0194081_22165669.jpg


すてきな物をいっぱいいっぱい見た(食べたw)シンガポールの旅。良いお勉強になりました♡
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-03-12 22:20 | ☆シンガポール
シンガポールの家具事情
先週、シンガポールで開催されたInternational Furniture Fair Singapore 2012 (シンガポール国際家具フェア2012)に行ってきたよ。
a0194081_213471.jpg

フェアの前日にシンガポール入りして、事前に家具屋さん巡り。こんなにいっぺんに家具を見れるなんて、わたしにとってはよだれじゅるり。自分のためのまとめも兼ねた記録ブログ。

まず最初は、Bencoolen StreetにあるSPACE。
http://www.spacefurniture.com.sg/
a0194081_21104360.jpg

おしゃれなヨーロッパ建築と、モダンな全ガラスのショールーム。おいている家具は、CassinaとかAntonio CitterioとかJacobsenとかの超一流デザイナー家具。お値段も超一流!シンガポールはお金持ち多いんだねー。バンコクでは、まだこのレベルの家具はほとんど見ません。ディスプレイもとっても上手。音楽とデコレーションアイテムを使って家具を良く見せて購買意欲をかき立てる。いつかうちの家具もここにおいてもらえるレベルに成長すると良いね、、、。

お次はSPACEの近くにショールームの一つがある、Air Division。
http://airdivision.com/siteMain/
a0194081_21173691.jpg

こちらはシンガポール人デザイナーの家具や、まだ有名ではないヨーロッパのデザイナー家具なんかをおいているお店。シンガポール人デザイナーの引き戸のキャビネットがツボだった!日本人の心に響くデザイン。お値段的にも割とお求めやすいレベルでございます。無垢材の家具が多くてテイストも良い感じ。ただ、ディスプレイがもうちょっと、、、かな。The Park Mallのほうもちょっと凝りすぎていて見づらかったなー。

次に向かったのはOrchard StreetのMandarin Galleryにあるatomi。これは偶然見つけたお店だったの!運命的な出会い。
http://www.atomi-jp.com/
実は日本人のお店で、日本のデザイナー雑貨をおいている雑貨屋さんと、なんと深沢直人の家具をオーダーできる専門店を兼ね備えているお店だったの。一緒に行ったタイ人オーナーは彼の家具の大ファンらしく、大興奮。手触り、デザイン、すばらしかった。こういう日本の良いデザインを海外で紹介するお店って、とっても魅力的。

1日目の最後はION MallにはいっているPROOF。こちらも割とSPACEとテイストが似ていて、高級思考。
http://www.proof.com.sg/collection.html
a0194081_21264789.jpg

北欧の新しいデザイナー家具もおいてあったのが、新鮮だったかな。

そして最終日には、一番の出会い、Seah StreetのFoundry http://www.foundry-store.com/about.html と、The Park MallにあるGrafunkt http://grafunkt.com/。こちらはアジアからのデザイナー家具や雑貨も積極的に扱っている素敵なお店!コレクションの内容とか、バラエティ−にとんだ品揃え。雑誌への掲載も多く、マーケティングも上手っぽい。当たり!!

実際のフェアは、、、、
中国勢の大規模ブースに堂々とフェイク家具(汗)など驚くことも多かったけど、良いデザイナーの家具と言うよりは、マスプロダクションな家具が多いなーという印象。やはり、シンガポールは輸入の国だから、シンガポールのお店も工場はベトナムかインドネシアがほとんど。
特に、コンペティターになりそうなお店はインドネシアの工場が多い。木材が豊富だからねー、、。ヨーロッパのリゾート会社とか、大きな会社にはいいフェアだったのかもしれない。
一方でタイに工場があるって言うお店はほとんど聞かなかった。手先は器用だし、教えれば丁寧な仕事をすると思うんだけど、人件費はベトナムやインドネシアよりも高いし、洪水の心配もあるし、今後タイに工場が移る要素って低いかも。

でも、フェアで目立っていたのはタイのデザイナー陣。こちらは特別に写真を撮らせてもらったタイのDesigners Of The Year 2011のブース。盛り上がってたなー。
a0194081_21383379.jpg

日本人からタイを見ると、なんかタイマッサージ屋にでもおいてありそうなアジアンなデザインとかしかイメージにないと思うんだけど、コンテンポラリーデザインもかなり発達している。家具だけじゃなくて雑貨や服とかもね、、、。フェアで各国の様子を見てみると、タイのデザイン性はもしかしたらシンガポールよりも高いんじゃないかなと思った。東南アジアで1番って言える気がする。国民性がデザインやアートシーンに現れているよなー。
いつかそういうタイの素敵なデザイングッズを日本に紹介できたらなーと、、、、思ったりした。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-03-12 21:45 | インテリア
社員旅行 in Khaoyai
ウイルス性食あたりで微熱がでておりまする。胃も痛い。病院行って薬も飲んだから大丈夫だと思うけど、ひまなのでほわーーんとブログ書こう。

このあいだの週末、社員旅行で二泊三日のカオヤイ旅行に行ってきたよ。オーナーの娘さん2人入れた総勢18名、私以外みんなタイ人(汗)英語を喋られる人もごくわずか、タイ人だらけのタイ語だらけの3日間にどきどきだたけど、結果は、、、ほっこりにんまり、すごく楽しかったーーーー!

どうせ、安めの宿に泊まって朝から晩までイベントずくしで、疲れるんだろうなー、なんてなめてたんだけど、目的地はなんとMuthi Maya Resourt。超おしゃれなプールヴィラで、行きのバスから帰りのバスまで、みんなで楽しくまったりまたーーーり過ごしましょうという贅沢旅行だった。デザインも一緒に勉強できるしね。
a0194081_16303522.jpg

タイらしく、行きにバスが壊れて立ち往生とかしたけど(笑)
a0194081_16323189.jpg

ここはタイの法則にのっとって、ゆっくりマイペンライに時間を過ごせば良いじゃない。

私にとっては初めてこんなに長い時間を一緒に過ごしたみんな。
それぞれ個性があって、それをお互いがちゃんと尊重していて、特にしきる人がいるわけじゃないんだけど、みんな何となくストレスフリーにまとまっているという人たちだった。
歳もだいたい一緒だったので、一生懸命私のタイ語を理解してくれようとしたり、お酒を囲んで下ねたトークでもりあがったり(笑)言葉の壁、文化の違いはあるけれど、人間性は通じるもの。私はほっこり、まったり、心が充電された旅だったよ。

オーナーの娘達は8歳と10歳。これがほんとにかわいくてねー。これまた私の癒しポイントだったかも。変にすれていなくて、子供らしく目がキラキラしていた2人。ちょっとぶれちゃってるけど、この写真好きなので。子供がほしくなった!
a0194081_16503010.jpg
a0194081_1650397.jpg


タイに来てから色々な偶然がかさなり、こうやってみんなに出会えて本当によかったな。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-03-06 16:53 | ★バンコク周辺
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin