Top
<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
10週目 - 愚痴と泣き言
10週目にはいった。やっと二桁、、、ふぅ先は長い。8週目後半あたりからつわりが酷くなり、夜はとにかく気持ち悪い、、。吐くほどではないからまだましなのかな。

私は食べた後と空腹時にきもちわるくなるようです。あと夜ね。
一時はソースマニアでお好み焼きが食べたくてしょうがなく、かと思えば酢の味が食べたくてちらし寿司とか酢の物とか味ぽんで生き、かと思えば今日はまったく食欲がなく何も食べたいと思えない。あとは鼻が良すぎて、あっちもこっちも臭い!飲み会帰りのオットなんて、、、問題外(失礼)。

つ、、、、つらい、、、、。

何が一番つらいって、引きこもり生活。ちょっと外にでると帰ってきてからがもー気持ち悪いので、なるべく家に引きこもることに。
というかさ、ぐーたら家に引きこもれる状況にいることに感謝しなくちゃいけないんだけど。なーんにもやる気がでず、起きている時間の半分以上はソファーの上にいる私。
このまま何もできなくなってしまうのではないか、色々計画していたお仕事はどうするのか、世間はクリスマスやら忘年会やらパーティーやら楽しそう、私、なにも食べれないし参加もできない。。。
という卑屈になる日々。

いかん、こんなんじゃいかん。

とは思いつつも気が晴れない。これはホルモン君の仕業なんだよね。つわり嬢の仕業なんだよね。もう少し生産的な人間になりたい。
それでも、お腹のなかではおちびが毎日毎日ぐんぐんと大きくなってくれているはず。お母さんがこんなめいった気持ちじゃきっと居心地もわるいだろうな。とりあえず、洗濯でもするか。

オットくんは色々と頑張ってくれています。スーパーの買物、暇な私にDVDを買ってきてくれたり、一緒に本屋にいってくれたり、洗い物をしてくれたり、こんな廃人状態で女らしさのみじんも感じられないぐーたらな私にもとても優しいです。感謝。

とりあえず、、、、はやくつわり終わってーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-12-23 16:20 | 妊婦さん
8週目 - 2 病院へ
先日寝ていた体勢から起き上がった時に、子宮のあたりがきゅーーーっと痛くなった。
すぐ収まったんだけど、それからなんか下腹部が張っている気がして心配になってしまい、、。
おおげさかと思ったんだけど、安心が買えるならそれでいいやと思って、BNHに行ってきた。今回は今までの先生が予約でイッパイだったので、他のベテラン先生と会うことに。

それがクリスマスのネクタイをしている中年のおじちゃん(失礼)だったんだけど、とっても分かりやすく丁寧に説明してくれてよかった!安心を与えるというか。こちらの先生に変えるのもありなのかなー、、。
内診をしてくれて、問題ないとのこと。どうやら子宮のまわりの筋肉が伸縮してきゅっと痛くなったりするらしく、すぐ収まる痛みなら子宮自体の問題じゃないよと。ほっ。
必要は無いと言われたんだけど、エコーやってもらえますか、と頼んで(おちびちゃんを見たかったからw)エコーまでしてもらいました。
10日あまりで8ミリも大きくなってる!しかも2頭身になってる!左の方に胎盤もつくられてきていて、着実に成長してくれているようだった。あーよかった。
a0194081_18505647.jpg


精神的にはちょっと不安定が続いている。こないだ意味もなく不安になって泣き崩れたり、イライラしたりでオットは恐いと(笑)つわりの方は大抵たまに来るムカムカ気持ち悪い時間が2割、のこり8割は調子よくてランチに行ったり、オットの誕生日の夜には鉄板焼きにも行けたし。

でも今日みたいに絶賛気持ち悪いデーだと凹んでしまう。いろいろやらなきゃいけないことはあるのに、気持ちも追いつかず、ソファーに寝転んでいるのは飽きているのに他のことが出来るわけでもなく。気持ち悪いから料理もしたくなくて、ふりかけおにぎりをぱくりとしながら、あーきもい。食べてはいるけど、食べる量が減ったためか1キロほど痩せた模様。

つわりが終わって安定期に入るとパラダイスだよ〜と友達が言ってたから、それを信じて焦らずのんびりさせてもらおう。仕事もせず気持ち悪いときは家でのんびりしてられるなんて、贅沢な妊婦なんだからね。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-12-13 18:58 | 妊婦さん
8週目 引きこもり週間
やっと1週間が終わったー。
今週は気持ち悪い時間が波のように来たり引いたり、ということで、日中はほとんど引きこもりの1週間。それでも夜の送別会や、お友達との外食は計3回ほど。大丈夫なときは大丈夫なんだけどねー。

2日ほどほとんど気持ち悪い時間がない日が続いたので、おっ、はやくも終了!?なんて思ってたのは甘かった、今日は朝からおえーきもーっというむかむかデーだった。
とにかく日本食、特にそばが食べたくて、昨日はお好み焼き欲がむらむらしてきてお好み焼き屋さんへ。今日は沈デーだったので、お昼はめっずらしくオットが和風パスタを作ってくれた!この調子、ちょっとずつお料理復帰してくれると有り難い。

なんだか私が気持ち悪いとオットも「俺も気持ち悪い」とか言い出して!あるらしい、本当につわりがオットにうつるってこと!まーじー、なんであんたが気持ち悪いのよー、脂肪しかはいってないじゃんお腹!ってちょっといらっとするんだけど、それだけ思ってくれていて見えない何かで繋がっているのかな?とポジティブに思えば貴重な体験かな。

ホルモンのバランスが崩れてイライラしたりブルーになるっていうんだけど、私はそんなことないかなーと。でも、何となく、赤ちゃんが産まれてくる生活や幸せを想像することよりも、今現在あー、これができない、あそこも行けない、あれどうしよう、といった現実的に出来なくなってしまったことへ気持ちが向かってしまう自覚が薄い私。これはそのホルモンのせいなのかしら。オットは生理前のイライラが当分ないことが嬉しいらしいけど。

それでも、おちびちゃんは確実に育ってくれているはず。とりあえず気持ち悪い時期を通り抜けて、元気に大きくなるおちびちゃんを見守って行かないと!次の診察が楽しみじゃ。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-12-10 00:38 | 妊婦さん
7週目 - 2回目の検診@BNH
昨日は2回目の検診。前回はまだ小さすぎて見えないだろうとのことで、今回初めておちびちゃんと会えることに。オットも仕事を抜けてきてくれました。
相変わらず先生に会う前にながーく待ったけど、そんなことも忘れてしまうほどの感動!!
a0194081_140315.jpg

ちゃんとお腹にいたんだ、おちびちゃん。まだ1センチの小さな豆粒。でも、ちゃんと心臓の音が聞こえたよ。ドクドクドクドクドクドク。私たちよりも速いスピードでしっかり命を刻んでいた。
感動で思わずほろり。
位置も問題なく、いたって良好な状態のようで安心したー。チェンマイの旅行も大丈夫だったみたい。
初めておちびちゃんに会えたことで、ぐっと自覚が湧いてきた。本当にこのお腹にもう一つの命が宿っているんだ、、、。
診察によると7週と1日とのこと。予定日は7月21日。まだまだ先のことだけど、こうやって言われると現実味がわく。まだまだ安定期には遠いし、9週目までは10パーセントも流産率があるらしいから不安は拭いきれないけど、とりあえず、、、会えてうれしい!!

先週後半あたりから少しつわりのような症状がでてきた。ごはんを食べた後にむかむかして、吐くまではいかないけどウップとなる毎日。まだ我慢が出来るくらいだし、吐いていないから楽な方なんだろうな。母は全くつわりがなかったと言っていたけど、私は多少あるみたい。8週目辺りがピークときいているので怖い、、、。これも普通の症状だし、ちゃんとおちびちゃんが育ってくれている証拠。今回も葉酸、ビタミンBのサプリ、そして気持ち悪すぎたときのための吐き気止めを処方してくれた。

今回は分娩室も見せてもらった。窓から光がはいる清潔で明るい分娩室。ここなら頑張って産めそう。出産パッケージも、バムルンと比べるとちょっと安いくらいだったと思う。次回は入院部屋も見せてもらう予定。ちょっと気が早いけど、なんとなくイメージのためにね。

次回の検診は1月頭。タイでは必須のダウン症検査をやるようだ。どちらも血液検査なんだけど、Nifty TestとFTSという2種類あってどちらか選ぶように言われている。前者の方は精度が99%もあってダウン症以外の障害もいっしょに検査できるらしいけど、なんと3万バーツも費用がかかるらしい。後者のは3000バーツくらい。どんな障害があったとしても、産む覚悟でいるから後者の方でいいかな、、、と。今は思っている。

まだまだ不安ばかりで、今もちょっときもちが悪いけど、おちびちゃんの心臓の音に励まされてがんばろう。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-12-05 01:57 | 妊婦さん
度肝を抜かれた。チェンマイ イーペンサンサーイ祭り - ロイクラトン
おとといまでまで母と妹が日本から遊びにきていた。
先週の土曜日24日はチェンマイのイーペンサンサーイ祭り。何万ものコムローイが夜空に浮かんで飛んで行くという奇跡みたいな光景を見に、いざチェンマイへ!

夕方に現地ツアーのバンがピックアップしてくれ、チェンマイ市郊外にあるメージョー大学の裏手へ向かう。。。その車中、母親の様子がおかしい。「大丈夫?」と聞くやいなや、ビニール袋にげぼぼぼ。調子が悪いらしい。うーむどうしよう。母がこの日を一番楽しみにしていて、「これを見るのが夢なの〜」なんて言っていたのでそのまま向かうことに。

到着!もうすでに沢山の人が待機中!
a0194081_17412625.jpg

このコムローイを2人一組で空に上げる。待っている間はコムローイに皆で願いを書き込む。
a0194081_1742590.jpg

だんだん夜に近づいてきた!それと同時に母の状態も悪化の一途、、、うぅっつきもちわるっつ、げぼげぼ、というのを繰り返す。
a0194081_1743219.jpg

さて、2時間ほど待った後とうとう点灯。大きなコムローイは何人かで協力しながら点灯。上の方が燃えないように、持ち上げておかないとっ。ここで母、アドレナリンが出たようで元気が出てきた!
a0194081_11465984.jpg

ほわーっと中の空気が膨らんで行く。手を離したら飛んで行ってくれるかな?という感覚になったらそおーっと手を離してみる。とんだーーーー!
a0194081_11483426.jpg

周りを見渡すと、ものすごい光景が広がっていた。ただただ感動、、、。
a0194081_11491427.jpg

a0194081_1149393.jpg

a0194081_11501971.jpg

最後は花火とのコンビネーション。
a0194081_11511273.jpg

この世のものとは思えない神秘的な光景。度肝を抜かれた。

この後、さらに度肝を抜かれることが、、、。母のアドレナリンが切れたのか、このあと歩けないほど具合が悪くなってしまった。近くの出店の奥で地べたに横になり、もう歩けないから車の応援を待つもツアーガイドさんもてんぱりムード。ガイドさんが聞いてまわるも、周りの車も助けてくれない。そこになんと大雨が、、、絶対得絶命どうしよう、というときに、ジュースを売っていたタイ人のおばあちゃんが私たちの車にのりなさい!っと言ってくれたのだ。
大雨の中、夫と妹はお店の片付けを手伝い、私はひーひー言っている母に付き添い車で待機。2時間ほどしたところでやっと移動でき、おばあちゃんが呼んでくれた救急車に乗り込み病院へ。まさかチェンマイで救急車に乗るとは、、。無事先生の診察を受け、三半規管の問題だろうと。以前MRIなど全部チェックしていたので大事ではなさそう。ほとんどタイ語しか通じない病院で点滴と血液検査を受け、一晩入院、、、、。いやー、度肝を抜かれた。

それにしても優しいタイ人のおばあちゃんたち。決して裕福そうではない彼らにお礼としてお金を渡そうとしたらいらないと断られた。タイ人は助け合うのよ、って。その後母は無事回復し、元気一杯でバンコクにもどってからは水上マーケットにまで観光に行って帰国して行った、、、。はー、本当によかったよ。

そんなこんなで、コムローイの感動もつかの間、度肝を抜かれたロイクラトンになりました。
[PR]
Top▲ | by saocean2 | 2012-12-03 12:00 | ★チェンマイ
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin